大ロット生産とは?小ロットとの違いを解説

工場で製品を大量に作るときに大ロット生産という言葉が使われます。この大ロット生産とはどういう意味なのか。また逆の意味にあたる小ロットとの違い、大ロット生産に向いているグッズとは、などなど大ロット生産について解説します。

大ロット生産とは?

大ロット生産とは同種の製品を一度に大量生産することです。ロットとは生産する際の単位で数が多いと大ロット、数が少ないと小ロットといった使い方をします。大ロット生産することにより「コストダウン」「品質の均一化」などのメリットがあります。

大ロット生産とは?

ロットとは?

ロットとは同種の製品を生産する際の最小単位のことです。英語で書くとLotで「ひと組」「ひと山」という意味があります。たとえば1ロット100個といった場合、その製品は100個から生産しますよ(100個以下では生産しない)という意味です。この場合1ロット注文すると100個、10ロット注文すると1,000個の製品が納品されます。発注する側からすると1ロットあたり何個なのか把握しておかないと、必要以上に納品されてしまうので注意が必要です。なお1ロットをいくつにするかは生産する側が決め、工場の規模に比例してロットも多くなっていきます。

なぜロットという単位を使っているかというと生産した製品を効率的に管理できるからです。ロットごとにロット番号を付与することで在庫・出荷管理、製造日などを把握できます。いくら同じ工場で生産していてもロットによってどうしても違いが出ることがあり、半導体のような精密機器の場合は取引先よりロットを指定して発注されることがあります。そんなときでもロット管理しておけばスムーズに取引ができます。また万が一製品に不具合が発見されたとき、ロット番号を元に消費者へ注意を呼びかけたり回収を行えます。

ロットとは?

大ロット生産の特徴

では大ロット生産をするとどんなよいことがあるのでしょうか。一番のメリットは安く作れる(コストダウンできる)ということです。たとえばネックストラップを5,000本と5万本生産する場合、一度に5万本まとめて作ってしまったほうが時間短縮となりコストダウンできます。また生産工程を単純化・細分化することにより(紐の染色、印刷、検品、梱包など)生産性も向上します。生産工程を単純化・細分化したことにより作業者のスキルに依存する箇所がなくなり均一な品質の製品を生産できるようにもなります。

なお、大ロット生産は1801年にマーク・イザムバード・ブルネルがイギリス海軍用に滑車の生産法を確立したことから始まり、1914年にフォード社のハイランドパーク工場内にベルトコンベアが導入されたことで基本形が完成されました。フォード社は製品の標準化(車種をひとつに絞る)、部品の規格化(部品の形、大きさを統一する)、製造工程の細分化(流れ作業化)を行い生産台数を飛躍的に向上。当時1000ドルした自動車は300ドルまで価格を下げることに成功し多くの人が自動車を持てるようになりました。

大ロット生産は英語・中国語で何というか

なお大ロット生産のことは英語で「Mass production」「Large lot production」といいます。また中国語では「批量生产」「成批生产」といったいい方をします。海外で大ロット生産してくれる工場をお探しの場合はこれらの言葉で検索してみてください。

大ロットと小ロットの違いは?

ロットというのは同種の製品を生産する際の最小単位のことで、大量に生産することを大ロット生産、逆に少量のみ生産すること小ロット生産ということまでわかりました。では小ロットと大ロットでは具体的にどこが違うのか具体例を挙げて解説します。

大ロットと小ロットの違いは?
大ロットと小ロットの違いは?

大ロットと小ロットはここが違う

大ロットと小ロットの違いですが大きく分けて納期、単価、生産場所が異なります。納期は当たり前ですが大ロットのほうが小ロットに比べて長くかかります。ネックストラップの場合、100本の納期は35営業日(試作15営業日+量産20営業日)、5万本の納期は45営業日(試作15営業日+量産30営業日)ほど。ただ長いといっても10営業日ですので納期に余裕がある場合はそれほど気にするほどではないかもしれません。

単価は100本の場合443円、5万本の場合86円と大ロットのほうが大幅に安くなります。これは一度に大量に生産したほうが時間も手間もかからないぶんコストカットでき、単価を低く抑えられるということです。納期の関係でどうしても100本だけ必要、セミナーの参加者が100人なので100本だけ必要、などといった場合以外はなるべく本数を多くしたほうがお得に生産できます。

また大ロット生産をするには大規模な工場が必要となり、たくさんの土地、設備、スタッフも必要です。土地の価格や人件費を考えた場合、日本よりも安い海外の工場で大ロット生産を行うのが一般的です。ひと昔まえは海外工場といえば中国でしたが、経済の発展にともない人件費も高騰し、現在ではタイやベトナムなどもっと安い国に移り変わっています。

大ロット生産に適した商品は?

小ロットに比べて大ロットのほうが納期はかかるものの安く作れるということがわかりました。では大ロット生産に適した商品、逆に適さない商品とはいったいどんなものなのでしょうか。商品と使い方も合わせて紹介します。

大ロット生産に適した商品

大ロット生産に適した商品とは「ある程度納期に余裕があり安く作れるもの」。たとえば展示会出展の際に来場者へ配るバラまき品や、シーズンにあわせて展開するアパレルグッズ、なるべく予算を抑えたい社員用ネックストラップなどです。たくさんのものを安く作りたいときには大ロット生産が向いています。

大ロット生産に適した商品
大ロット生産に適した商品
大ロット生産に適した商品

大ロット生産に適さない商品

大ロット生産に適さない商品とは「少量でいいから急ぎでほしいもの」。たとえば在庫をそんなに持ちたくない販売品や、イベント日までに急ぎでほしい販促品、ごく少数のみ必要な記念グッズなどです。少量かつ納期優先の際は小ロット生産がおすすめです。

大ロット生産に適さない商品
大ロット生産に適さない商品
大ロット生産に適さない商品

まとめ

大ロット生産はたくさんのものを一度に安く作れるということがわかりました。小ロットは納期は早いものの単価は高くなります。作りたいグッズの納期や予算にあわせて大ロット、小ロットを使い分けてください。

関連商品