ビニール携帯ストラップ

こちらの商品は生産を終了いたしました。

ビニール製のストラップ全体に会社名、ロゴをはじめ、キャラクター、写真などの印刷が可能です。 透明ビニール生地に印刷をするため、生地色の制限を受けず、再現性の高いイメージどおりの印刷が可能です。

商品情報

印刷方法
オフセット印刷、シルク印刷
サイズ
幅12×長さ80mm
幅12×長さ90mm
幅12×長さ100mm
幅15×長さ80mm
幅15×長さ90mm
幅15×長さ100mm
包装
OPP袋包装(無料)
最小ロット
300個〜
納期
29営業日〜

ビニール携帯ストラップの種類

携帯ストラップ(ビニールテープ)の紐の寸法は、全6種類ご用意しております。お客様の好みで、寸法をお選びください。

こんなシーンでご利用いただいています


社名やイベント名をプリント!
社名やイベント名などを印刷して販売促進に!

URLをプリントして販促に!
ホームページなどのURLをプリントし、自社の宣伝に。

オリジナルキャラクターで!
再現性が高くいので、キャラクターや写真の印刷にも!

ビニール携帯ストラップのオリジナル印刷


オフセット印刷
オフセット印刷は、フルカラー印刷とも言います。多色機械印刷なので、写真やグラデーションを含む図柄の印刷の中では一番きれいに仕上がります。

シルク印刷
シルクスクリーン印刷は、版材に化繊を使い、版の上にインクを乗せ、上から圧力をかけて印刷面に圧着させます。当社のストラップ印刷は手動式となっています。

ビニール携帯ストラップができるまで

1.抜き型の準備

ビニール携帯ストラップを製作するには、まず、金属製の抜き型が必要です。弊社では標準型として6種類のサイズをご用意しております。また、有料となりますが、お客様からいただいたデータをもとに、オリジナルで抜き型を作ることもできます。
オリジナルの抜き型を作れます

2.印刷

お客様からいただいたデータに基づき、印刷用の版下フィルムを作ります。印刷の方法はシルクスクリーン印刷とオフセット印刷の2種類があり、デザインによってどちらで印刷するかを決めます。シルクスクリーン印刷は、標準で3色までの印刷が出来ます。写真や、色数の多いもの、グラデーションがかかっているデザインなどは、オフセット印刷になります。
印刷用の版下フィルムを作ります

3.成型

印刷したビニールシートを抜き型の大きさに合わせて切断し、金属の抜き型を用意します。高周波機械にお客様からご依頼の金属型をセットして、印刷したビニールシートと裏面に透明のシートを重ねて、高周波で抜き、成形していきます。
ビニールシートを抜き型の大きさに合わせます

4.ピン・パーツの取り付け

Dカンと呼ばれる(アルファベットのDの字の形をした)パーツに携帯電話等に直接取り付ける部分となる携帯黒松葉を取り付け、Dカンの部分をストラップの端に包み込む様に通し、専用の機械を使用して丸形の金属のピン打ちを行い固定します。
丸形の金属のピン打ち

5.検品

完成した商品を、検品スタッフにより1個づつ検品を行います。検品内容は、印刷の版ズレがないか、色が合っているか、パーツの取り付けが合っているか、高周波で抜いた部分がきちんと圧着されているかなどを確認します。
1個づつ検品

6.個別包装〜出荷

検品した商品を1個づつ個別包装します。OPP袋に入れるだけのもの、無地の白台紙に取り付けてOPP袋に入れるもの、オリジナルカラー台紙に取り付けてOPP袋に入れるもの、携帯クリーナーや立体マスコット等とセットして併せて1つのOPP袋に入れるものなど、仕様を確認しながら個別包装を行います。なるべく製品が押しつぶれてしまわない様工夫をして、40個から50個くらいの適量で袋詰めを行います。袋ごとに数量を書いたシールを貼り、最後はカートン箱に入れて梱包をして国際便で日本に出荷します。
梱包状態

商品名
ビニール携帯ストラップ
素材
PVC
カラー
フルカラー
印刷
オフセット印刷、シルク印刷
公開日
2011.06.14